読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兼六園ツーリング

10月頭の日曜日に金沢へツーリングに行ってきました。


朝5時起き、6時発で
7時過ぎに集合場所の
東海環状道、五斗蒔PAに到着。


10月に入って朝晩が冷えるようになって
この時間帯の高速は寒かった。


服装は寒さに対応できるように

上は
長袖のTシャツの上に
ユニクロのウルトラライトダウン
ウインドブレーカー
バイク用腹巻
秋ジャケット

下はジーンズだけで
合羽がオーバーパンツ代わり。


今回は合計7台のマスツーでした。
大型4台、400cc2台、250cc1台(=自分)という按配。

足手まといにならないように頑張りました^^:


さて、トイレ休憩をはさみつつ白鳥インターから下道へ
給油してからひるがの高原のやまびこロードを走る。


やまびこロードはタイトなコーナーが多くて
シェルパで走ると超楽しい^^
タイヤも新品だしね!( `・ω・´)


国道に出てどこかのスキー場にてトイレ休憩。

f:id:kl250h:20121007094149j:plain


そのまま国道を北上して御母衣湖岸を走る。

道の駅で休憩を挟みつつ
白川郷周辺も通過。

白川郷は反対車線が結構渋滞していた。



進行方向上空には暗雲が広がり始めてな~んかヤな予感…

五箇山を越える頃には
案の定雨に降られ

金沢に出る手前で結構な大雨に降られました。


f:id:kl250h:20121007120332j:plain

で、メンバーの方のSRXが雨でエンジンが止まってしまった。
どうも雨に弱い仕様らしく、プラグ周辺に水が浸入してしまうのだとか。


急遽そばにあった神社の境内で雨宿りさせてもらいました。
ちょい罰当りな行動だけど止むを得まい(´・ω・`)

このまま途方に暮れるかと思いきや
雨脚は段々弱まり、SRXもエンジン復活!

手水舎にアマガエルが数匹いた。
「無事カエルってね!」とか誰かが言ってました。

バイク乗りは験担ぎする人が多いと思う。


その後また雨に降られながらも
どうにかこうにか金沢の兼六園に到着。

まずは腹ごしらえにすし屋へ

f:id:kl250h:20121007134149j:plain
海鮮丼をいただきました。
新鮮だからか、魚臭くなくて
なかなか美味しかった。


ここまでトイレ休憩しかとっていなかったので
ようやくホッと一息つけた。
(偶々病み上がりだったのでややしんどかったのは内緒^^;)


周辺の出店でソフトクリームを買って食べた後
兼六園に入園してみる。
初、日本三大庭園だ!!ヾ(゚∀゚)ノ

f:id:kl250h:20121007143556j:plain


f:id:kl250h:20121007150103j:plain

色んな木々が植わってました。
風も少なくこの時間は晴れていたので
池には青空が映ってて鏡みたいだった。

敷地が広くてのどかな風景を楽しめた。
いいなぁ!日本庭園!

写真取ったりなんだかんだゆっくり見て回ったので
出る頃には日が傾き始めいた。


夕方なのにまだ金沢!?(;´Д`)

ってことで帰路は覚悟を決めておく。

そして雨も再びパラついてきたので
早めに山を越えたい所だ。

気合を入れるために持参の栄養ドリンクを飲んでおいた。


どうやら祭りがあったようで、金沢市内は車が激混み。
やっとこさ市外に出て白山の道の駅で休憩を挟む。

山間なので日が暮れるのも早い。
合羽のズボンも履いて防寒に備える。

休憩を少し挟みつつも
気が付いたら峠を一つ越していた。


他メンバーもだいぶ疲労感が漂ってきた。
コンビニで暖かい物を食べたり飲んだりする。

私は疲れ果てて駐車場の縁石に座り込んでとにかく体を休ませる。


あと一山越えれば白鳥に出て高速に乗るんだ!

すでに真っ暗闇の夜も18時過ぎ
街灯もぜんぜん無い山道を走って九頭竜湖畔に出る。

もう風が冷たくて冷たくて
外気温13度とか冬かよ!!(゚Д゚)


夏用のグローブで来て大変後悔しました。

ヘロヘロながらもインカムで会話してると楽しいもので
上を見れば星空が広がってちょっと感動したりして
こういう過酷な状況の中でもなんだかんだ楽しいのもバイクなんだよなぁと
今になって思う。

こういうキツかった思い出の方がよく覚えてたりするし。


まあ、どうにかこうにか九頭竜湖の道の駅に着いて
下道最後の休憩を取った後
白鳥まで山を下ってGSに寄り
高速に入りました。


高速ではただもう無心に後を付いて行くので精一杯。


集合場所と同じ五斗蒔PAにて解散となりました。

f:id:kl250h:20121007210908j:plain


もうこのままバイクを置いて
相方の後に乗って帰りたいと思うくらい
(むしろ言った)
疲労困憊だった。


早く家に帰ってとにかく横になりたい
もうそれだけ。



んでまあ家の近くのICを出て
来来亭であったかいラーメンを食べて
フラフラしながら家に到着。


こんなに疲れたのは
バイクに乗り始めた頃
一人で下道だけで高山に行って帰ってきた時以来だろうか?

コンビニで停まって
シーシーバーのあるアメリカンだったので
凭れたまましばらく昏睡した覚えがある。





片付けもほどほどに直ぐに寝た。

翌朝は体中が痛かったな。