読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初体験

風邪もギリギリに治って病みあがりの中
またまた週末は雪山へ。

ゲレンデは前回同様のところだけど
何が違うって今回は
初めてスノーモトに乗ってきたのだった。


9時半頃からゲレンデ入り
なだらかな斜面を登っては滑って
まずは乗り方(&転び方)を覚える。

ターンらしきモノとブレーキらしきモノが
なんとなーく出来るようになったら
初リフトである。

昼前から初心者コースを流し始めて
無理せず休み休みで滑る。

f:id:kl250h:20120219115334j:image:w360

最近のいわゆる「ゲレ食」はだんだん種類も豊富になってきてるのか
(値段はゲレンデ料金だけども)
結構美味しかったりする。

一度に多く食べるよりも
何度かちょいちょい小腹を満たすくらいが
動き回るのにはちょうどいい。


少し慣れてきたところで
林道に行ってみる。

f:id:kl250h:20071023044426j:image:w360

林道は始めたばかりの超超初心者にとって
もんのすごい、キツかった…。

なだらかな斜面と急斜面の緩急が多いのだけど
急斜面はとてもじゃないけど止まれない。
転ばないと止まれない。

転んでは滑るの繰り返しで
緩い斜面でやっと休める、そんな感じである。


ただそのキツイ経験をすると
それまでおっかなびっくりに滑っていた初心者コースが
なんて楽になることか。

どれだけゲレンデ客が多くとも
注意して避ければ難は無いのだ。

心地よい角度の広いコースで
修正も効くし、楽しみながら集中して下まで降りられた。

f:id:kl250h:20071023025315j:image:w360

相方にコーチしてもらいながら
もっとも分かりやすい説明は
「バイクだと思って乗ること」
である。

これが私の感覚で掴みやすかった。

頭で考えすぎるとゴチャゴチャして
余計に分からなくなるのに

バイクだと思えばそれなりに集中できるんだから
面白いもんだ。

ということで
スノーモトは実際に滑ってみると
すごく楽しかった。

来期はマイモトを買おうか検討しようと思う。

f:id:kl250h:20071023013912j:image:w360