読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栂池高原2泊3日 その三


ナイターは18時から始まる。


私はモトからボードに変更。
暗くて視界が悪いだろうし、慣れてる方に。

ペンションから再びゲレンデを下るのだが
朝のパウダーから一転、雪が硬い。
気温が下がって雪が締まったのか、踏み固められたのか
滑るとゴリゴリと鳴る。


2時間ほどの休憩を挟んだだけで
すでに筋肉痛で体も硬い。

聞けば相方も似たようなもので
無理せずキリの良いところで切り上げましょうと合意。


初ナイター!!
f:id:kl250h:20120310180605j:image:w360

ゲレンデにあまり人がいない。

リフトから下を見下ろしていると
昼間よりも幻想的な風景が広がる。

ライトに照らされた霧が乱反射しているのか
夜なのに辺り一面 白い。

凍えそうに寒いのをじっと耐えていると
カタカタと リフトの滑車の鳴る音が聞こえる。

だんだん雪の硬さにも、ナイターの暗さにも慣れて
なんとか普通に滑れるまでに至る。

f:id:kl250h:20120310182134j:image:w360



転ぶと結構痛いのだが
相方は絶えずモトで360°回転を練習。
何度か打ち身していたし、体も疲労困憊だろうに
たいしたものだ…。

雪が硬い分、うまくいくとスルッと回れるらしい。
(が エッジが引っかかると激しくモトがすっ飛んでいた)

人が少なくて、静かなゲレンデというのも気持ちの良いものだ。
ほどなく体力が尽きてきたので
20時頃に引き上げることにした。

宿に戻って着替え
この日も飲み屋まで 夜の街へと繰り出す。

f:id:kl250h:20120310201457j:image:w360
の 前にリフト券を返却しに戻る。

さてさて、本日は「たんぽぽ」という居酒屋。
宿と兼営しているようだが、店内は繁盛していた。
酔っ払いが四方八方から気持ちよく叫び散らして
まさに宴も酣である。

そんな中、我らはひっそり飲み交わす。
f:id:kl250h:20120310202847j:image:w360

いままでビールは飲めなかったのだが
ここ最近勧められるままに飲んでみると
よく言う「のどごしスッキリ」の感覚が分かるようになってきた。

大人の階段登るってね。

f:id:kl250h:20120310204214j:image:w360
オムそば

f:id:kl250h:20120310204555j:image:w360
まぐろユッケ

f:id:kl250h:20120310204616j:image:w360
ばあちゃんのおむすび

f:id:kl250h:20120310215810j:image:w360
田舎風パイのアイス盛(?)


色々注文して食べて飲んで 自分を労わるように。

ここのご飯も美味しかったなぁ。
自家製梅酒や、自家製ヨーグルト等があった。
どれも美味しい。

良い感じに酔ってきたので(=戻す危険)
御冷でしばらく酔いを冷ます。

女将さんが(店内ではお母さんと呼ばれていた)
気を遣ってツーショットを撮ってくださった。

ありがたや〜。


体も温まってお腹も満たされて
宴は終了。

厳寒の中トボトボ歩いてペンションに戻る。
寒さで酔いも冷めますわい。


この日は宿泊客も多くボイラーが頻繁に焚かれていた。
お風呂に入ってほどなく就寝。

もう少し夜更かししたかったが
眠気には逆らえなかった。


翌日に続く。