読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栂池2泊3日 その四

3月11日、7時ちょっと前に目が覚めた。


天気は朝から快晴。
窓から外を覗くと
遠く青空が広がる中に
真っ白に雪化粧された尾根が見えた。


「3月11日」 あの日から1年である。

ちなみに去年も栂池に来たのだが
その数日後に行ったのだが
その時も天気が良かった覚えがある。


f:id:kl250h:20120311073943j:image:w360

7時半頃に朝食をとり
ぼちぼちと荷造りを始める。
モトを解体し、車の雪を落として
荷物を載せ
チェックアウトを済ます。

オーナーさんに
チェキでツーショットを撮ってもらった。



f:id:kl250h:20071113015347j:image:w360
宿を出発。
今季のウインタースポーツもこれにて終了である。



f:id:kl250h:20071113020428j:image:w360


f:id:kl250h:20071113020926j:image:w360

広がる大自然に見惚れて、すこし名残惜しく感じる。

やっぱり長野の自然は大きいなぁ。
冬でも、それ以外でもまた 幾度となく訪れたいと思わせてくれる。

今度は夏ごろにキャンプツーリングかな?
次の機会を夢見て心ときめく。


R148の渋滞を避けて
県道33号・31号を使ってみると
これが中々良い道で

今度はバイクでツーリングに来たいねぇ
と相方は言う。
考え方はお互い、似たり寄ったりである。


県道からさらに県道を介し
この日はちょいと寄り道

「大王わさび農場」へとやってきた。

f:id:kl250h:20071113033509j:image:w360


f:id:kl250h:20071113033502j:image:w360

わさびを栽培しつつ
わさびを使った食事があったり、お土産を買うこともできる施設である。

前々から気になっていたので
ようやく来ることができて良かった。
そして中々楽しかった。


f:id:kl250h:20071113041026j:image:w360


f:id:kl250h:20071113033539j:image:w360
わさび畑 (田んぼのようだが)




f:id:kl250h:20120311113847j:image:w360
昼食の花そば定食(だったっけ?)

これはもう
とにかく とにかく etc…

わさびの茎がマジで超辛い。

その一言に尽きる。
美味しかったんだからいいんだけどさ。


敷地が広いので散歩して景色を眺めたり
洞窟があったので入ってみたり
(小さい洞のようなものだが)

ガラス細工や木彫り等の手芸品を扱う店もあって
ついついトンボ玉を買ってしもうた。

どうやらトンボ玉は
厄除け的な意味合いも含まれているようで
持ち主を守ってくれるんだそうな?

で、何を思ったのか 私は
これでストラップかキーホルダー的な何かを
作れはしまいか?と思ったわけで…

作れるかどうかは謎だけど…

勿論、まだ手をつけていないが
いつかどうにかしよう。


わさびソフトと、わさびチキン棒も食べる。

わさびソフトは微妙に美味しい。

わさびの風味が効いてスッキリした味わいだけど
美味しいからこそ微妙だというのが相方の見解。

まあ、確かに…


ちなみにチキン棒は普通にウマイ。


色々堪能したので
わさび農場を後にする。

豊科ICから高速に入り車を走らせること3時間程で
ようやくの帰路についた。

長くて短いような3日間は 本当にあっという間で
楽しい時間は終わってしまった。

遊び倒して動き回って
ものすごい疲れて帰ってきても

その終わりが来るのはいつでも少し
寂しさを感じる。


家まで送ってもらい、相方を見送った後は
洗濯物や荷物の後片付けが待っていた。



f:id:kl250h:20071112032003j:image:w360

終わり。