読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白馬さのさかスキー場 ①

土日にかけて長野方面のスキー場に行くことにした。

金曜日の夜から
白馬のさのさかスキー場へ向かう。



~~~~~~


ちなみに

今回の宿泊について。

インターネットで「さのさか観光協会」から宿を予約したのだが、
リフト1日券付の1泊2食でなんと一人当たり9000円。


かなりお得だと思われる。


ただし宿泊先は観光協会からの紹介を受けてからの予約で
希望の宿になるかどうかは返答次第。


宿泊費とリフト代が浮いたので
その辺はこだわらなかったのだけど
此度のお世話になった旅館はとてもよかった。

経営のご夫婦が優しく親切で
奥さんの手作りご飯がおふくろの味という感じで
とにかく心のこもった家庭料理って感じで

ようするに美味しかった。

建物自体は綺麗とか、新しいとかではなくて
どちらかといえば古いのだけど
それはそれでなんだか懐かしいような
悪くない雰囲気なのである。


翌日のチェックアウトも
午前中滑った後まで荷物を置かせて頂けて
とても助かった。


まあ、とにかく良い宿だった。

「かねぶん旅館」という。



~~~~~~



閑話休題、

高速で中央道に入った途端に大雪に遭う。


視界は劣悪
湿った牡丹雪がボタボタ降りまくって
路面は濡れ、凍結で滑りそうで恐ろしい。


そもそも中央道は高速道路なのにコーナーも勾配もキツイから
なおさら怖い。



いきなり死の恐怖に見舞われながらも
長野県に入ると湿った雪も
乾いた粉雪に代わって

路面状況的にはマシになった。


高速道路情報を見ると
「雪の為通行止め」がギリギリ安曇野インター以降だった。


(というか豊科インターはいつのまに安曇野インターになったんだ?)


駒ヶ岳SAで休憩ついでに
巣篭り3コ入りを買って車の中で食べる。


相方が夜通し運転する傍ら
どうしても睡魔に勝てず
私はちょいちょい寝落ちしていた。



安曇野インターを降りたのが午前2時過ぎだっただろうか。
下道はすっかり銀世界。


除雪されているとはいえ
それでも雪は残っていて
信号でのストップ&スタートが滑る。


改めて雪国は大変だと思った。
相方もさすがに運転にはかなり神経を使っていたようだ。


途中、対向車線でタンクローリースリップして横向きになっていた。



…雪国は以下略。



道の駅白馬に着いたのが
3時半くらいだったか。

すでに先客で駐車場は埋まっていたが
どうにか停められるスペースが残っていたので
車を停めてようやくの仮眠をとる。


朝の6時前には寒さで起きて
エンジンを掛け直したりしたが

実際寝たようであまり眠れていなかった。


結局そのまま起きて
トイレ行って歯を磨いて
ウェアを着て準備をする。


スキー場に行く前に宿へ行って
リフト引き換え券を受け取りに向かう。


と、チェックインも済ませていいから
部屋で暖まって着替えていくといいよ と
ご主人が言う。


お言葉に甘えて
チェックインを済ませて
荷物を置いて(相方が)着替えを済ませ

8時頃に宿を出る。


さのさかスキー場に到着。
駐車場はまだ近い方に停められた。


スノーモトを組み立てるのだが
吹雪いてきて寒いし車の中に雪も入り込むしで
少々骨が折れた。



…やっぱ雪国は…以下略。



さのさかスキー場は人生2度目。
どっちかというとファミリー向けで
初級コースが多いらしい。

もちろん中上級もあるが
まだまだ初級コースの方が安心な私達。


また、未圧雪ゾーンがあるので
それも目的のひとつ。


岐阜のスキー場とは比べものにならないくらい
規模が大きくて雪の質が良い。



夜通しの運転も報われるくらい
来た甲斐があるってもんだ。


だんだんテンションが上がる!



続く。