読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白馬さのさかスキー場 ②

最初の滑り出しは毎度のことながら

滑り方を体が思い出すまでに時間が掛かる。


が、段々調子に乗ってくると
もうほんと楽しい。


f:id:kl250h:20130227210823j:plain
眼下に臨む青木湖がすっかり凍っているようだ。

それにしても景色が雄大だ。



夜中に降ったおかげでコンディションはとても良い。
パウダーパウダー!!ヾ(゚∀゚)ノヒャッホー

f:id:kl250h:20130227210837j:plain
と、調子に乗る人の図↑



天気も次第に晴れて
動き回るとやや暑く感じるほど。
(もちろん中はかなり着込んでいる訳だが)

f:id:kl250h:20130227210848j:plain



10時半にはレストランが開店して
早々に昼ごはんとする。

f:id:kl250h:20130227210907j:plain

ビールは相方の。
動き回ったあとのビールはウマいんだと。



楽しいうちはとことん滑るのだけど
体力の無い私はスタミナ切れも早い。


できるだけ体力を温存して多く滑るために
平坦な所は座るようにする事を覚えた。



これこそオフ車を滑らせて走ってるような感覚だ!




実際のバイクではやったことないけどね!!( `・ω・´)


午後にもなるともうヘロヘロになって
普段の運動不足と前日の寝不足が祟って
ゲロ吐きそうなほどに疲れた。


滑っている間は気を張ってるし
集中していて楽しいのだけど

いざ滑り終わってリフトに乗る前まで来るともうグッタリ。

でもこの日ばかりは家に帰らなくてもいいから
帰り道の心配はないので
できる限りの限界まで滑った。

スノーモトは押さえつけて操作するので腕力が結構必要で
その力が無くなれば自分が飛ぶか
誰かを怪我させる恐れがあるので
それだけは注意した。


それでもラストランになった途端こけてしまう辺り
気が抜けると危ない乗り物である。

それでも雪質のおかげで怪我せずに済んだ。





ということでこの日は午後3時にあがり。

f:id:kl250h:20130227210924j:plain





続く