読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひるがの高原 秋キャン

10/3-4にてキャンプへ行ってきた。

なじみのキャンプ場、ひるがの高原キャンプ場へ。



初めてDRZでのキャンプツーリングなので
少々緊張して、運転がギクシャクしていた。



積載はできる限り最小限に。

まだホムセン箱を載せるには準備不足なため
ここにきてタナックスのシートバッグが活躍。

何年か前に買ったまま
使用したのはいつだったことやら・・・・・


毎度思う事には
キャンプツーリングで一番大変なのは
出る前の準備と帰ってからの片付けなんじゃなかろうか。


荷造りが終わったらもう、やりきった気持ちになって
一服して終わらせたい(笑


出る前に電話で予約を取って
なんやかやと11時頃出発。

高速で東海北陸の白鳥インターまで行って
やまびこロード経由
2時頃着。


テント設営、一服、

ドッヂビーで彼氏とちょっと遊んで(笑



近くのスーパーまで買出しに行く。

バーベキューの具と晩酌と朝ご飯と
焚き火用の炭を買ってキャンプ場に戻る。


ついでに給油も済ませたのだけど
どうもこのDRZは燃費が悪い。

20ℓ/㎞を切るのはどうなんだろう。

そのうちバイク屋で聞いてみよう。



キャンプ場の電話予約の際

「夜は本当に冷え込みますので」

と、念のため防寒着を多めに持ってくることを
強くおすすめされたのだけど

夜と言わずに日が陰り出すとドンドン気温が下がって
結構シャレにならん位には寒くなりそうな気配。


日のあるうちにコインシャワーで体洗っておいて大正解。

夜にシャワーを浴びたら
湯冷めから風邪を引くパターンや。


焚き火も早めに始めて
バーベキューをやり出したのは18時前だったかな?


バーベキューといえば肉。

この時は美濃ポークって書いてある豚肉を買ったのだけど

塩コショウして炭火で焼いただけなのに
なんだかすごく美味しかった。


久々に「美味しい豚肉」を食べたような。



自然の中で、澄んだ空気で、開放的で とか
 
美濃ポークで、炭火で、塩加減が適量で とか

肌寒くて、火に当たって、調理したてで とか

お酒を一緒に飲む人がいて とか


挙げたらキリがない要素の上で成立したんじゃないのかな

と、とりとめもなく考える。



すっかり日が沈むと
星が出ていたのに気がついた。

林間サイトなので木のあまりないところまで行ってみる。



綺麗だった。

宝石箱ひっくり返したような、とはよく言ったものだ。

そんな感じ。


衛星も見つけたりした。

天の川らしきモノも見えた。


タイミング的に空気が澄んでいる瞬間だったのかもしれない。


今回のキャンプはラッキーだ。



夜が更けるとかえって空気中の水分が増えたのか
空を見上げても星は見えなくなってしまっていた。


食べる物も食べ終わり

焚き火で焼きマシュマロを作っておやつにしたり

気がつけば自然と眠気が訪れて

テントに入ったのは10時頃。



寝袋に包まれてじんわり温もる心地よさがたまらない。



今年のテントでキャンプツーリングをやるのも
納め時かな。