読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栂池高原2泊3日 その二

3月10日土曜日





朝7時起床。
すでに筋肉痛は始まっていた。
ので お互い中々起き上がれない。

f:id:kl250h:20120310073649j:image:w360
7時半頃朝ごはん。

泊まった宿は2泊とも「ペンション・ラピュタ」という所。
冬の間は基本素泊まりらしいのだが
予約にて軽い朝食なら申し込むことが可能。

オーナー お一人で経営なさっているようだ。

建物もそうだけど
すこし寂びれたような、年季の入ったような
家具や調度品に暖炉等が並ぶ。

そういう雰囲気は嫌いじゃない。


ちなみにフロントには
「シロ」と名づけられたアイボがいた。

今や生産中止となったアイボ
予備バッテリーももう手に入らないようで
シロは歩くことが出来ない。

初めてアイボを見たのだが
思ってたよりも可愛かった。

常に繋がれたコンセントに
少し切ない気分にさせられた。



8時過ぎ
宿からゲレンデに出てそのまま下まで滑って下りる。
リフト券を購入後、まずは慣らしに同じコースを流す。

f:id:kl250h:20071112035253j:image:w360

この日は私もスノーモトで練習。
モトが2台もあるって素晴らしい!


前日と同じ事をしでかした。
乗るリフトを間違えて中級コースに出てしまったようだ。

前日はボードだったのでなんとかなったけど
まだ私はモトで急斜面を下るのが怖いのだ。
止まれないから。

相方の後を追いつつ(濃霧に姿を見失いつつ)
おっかなびっくり下りながら林道へと避難。


スノーモトでの林道は
原付でツーリングしてるような気分。

樹氷に囲まれた細道をゆっくり下り
時々森が開けると下界の景色が見えたりした。

はぁ〜気持ちいい。




前日の夜積もった雪のおかげで
朝からパウダースノーで滑りやすい。

相変わらず濃霧が入り乱れる時もあったけど
総じて良いゲレンデ状況だったと思う。



f:id:kl250h:20071112032246j:image:w360

鐘の鳴る丘ゲレンデにて
お決まりの記念写真を撮って鐘も鳴らす。

ここのゲレンデは緩い斜面なので練習にちょうど良い。
未圧雪ゾーンがあったのだが
モトで滑るとこれまた楽しい。

モコモコ雪を掻き分けたり乗り上げたりして
緩いオフロードを走るバイクのような感じに近いような?
(違うような?)

この日はナイターも滑る予定だったので
午前から午後は2時半くらいまで
小休憩含めながら滑り続けた。

体がガタピシ来た頃に
ようやくの昼食。
体力も尽き掛け、お腹もペコペコだった。

f:id:kl250h:20120310144058j:image:w360
私:きのこ和風パスタ


f:id:kl250h:20120310144053j:image:w360
相方:メンチカツカレー(と ビール)

ご飯が進むこと。
ペロっと平らげたともさ。


3時頃に引き上げて
ペンションラピュタまで滑って戻る。

宿がゲレンデの隣って素晴らしい!


部屋に戻って着替え、ベッドに横たわると
もう体は休もうとしていた。
(=要するに眠たい)

2時間ほど休憩して仮眠をとったりウダウダ過ごし
ナイターの時間まで暇を潰す。


続く。